岡部四溟(読み)おかべ しめい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡部四溟 おかべ-しめい

1745-1815* 江戸時代中期-後期の儒者。
延享2年生まれ。幕臣,小十人組番士。詩文を江戸青山梅窓院の耆山(きさん)と井上金峨(きんが)にまなぶ。大田南畝,菊池衡岳(こうがく)らの作詩仲間と「牛門四友集」を刊行。文化11年11月24日死去。70歳。江戸出身。名は世懋。字(あざな)は公修。通称は平八郎。別号に梅谷。詩集に「四溟陳人詩集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android