コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡部四溟 おかべ しめい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡部四溟 おかべ-しめい

1745-1815* 江戸時代中期-後期の儒者。
延享2年生まれ。幕臣,小十人組番士。詩文を江戸青山梅窓院の耆山(きさん)と井上金峨(きんが)にまなぶ。大田南畝,菊池衡岳(こうがく)らの作詩仲間と「牛門四友集」を刊行。文化11年11月24日死去。70歳。江戸出身。名は世懋。字(あざな)は公修。通称は平八郎。別号に梅谷。詩集に「四溟陳人詩集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岡部四溟の関連キーワードイタリア演劇ラ・ファリーナオブレノビチ家ミロシュ・オブレノビチクルムスティツィング片山北海聖パトリック大聖堂ファン・スイーテンボネ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android