コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上金峨 いのうえ きんが

9件 の用語解説(井上金峨の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

井上金峨

江戸中・後期の儒者。江戸生。名は立元、字は純卿、通称は文平、号は考楽翁・柳塘閑人等。川口熊峰に仁斎学を、井上蘭台に徂徠学を学び、折衷学を唱える。門下に亀田鵬斎らがいる。天明4年(1784)歿、53才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いのうえ‐きんが〔ゐのうへ‐〕【井上金峨】

[1732~1784]江戸中期の儒学者。江戸の人。名は立元。伊藤仁斎荻生徂徠(おぎゅうそらい)の学を学び、のち折衷学派を確立。著「経義折衷」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

井上金峨【いのうえきんが】

江戸中期の儒学者,折衷学派。江戸の人。名は立元。はじめ仁斎学・徂徠学を学ぶ。のちその末流の弊を覚え,一学説一学派にとらわれず,諸説を取捨選択して自得するという折衷の学を唱え,荻生徂徠以後の江戸の学風を一変させた。
→関連項目片山兼山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上金峨 いのうえ-きんが

1732-1784 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)17年生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)笠間(かさま)藩医の子。川口熊峰(ゆうほう)に仁斎学を,井上蘭台に徂徠(そらい)学をまなび,折衷学をとなえる。のち江戸駒込にすみ,時間をきめ講義料をとる売講をはじめたことで知られる。門人に山本北山,亀田鵬斎(ほうさい)ら。天明4年6月16日死去。53歳。名は立元。字(あざな)は純卿。通称は文平。別号に考槃(こうはん)翁。著作に「経義折衷」「弁徴録」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

井上金峨

没年:天明4.6.16(1784.8.1)
生年:享保17(1732)
江戸時代中期の漢学者。江戸の人。名は立元,字は純卿,通称は文平。金峨,考槃翁などと号す。父は常陸(茨城県)笠間藩の医官井上観斎。はじめ川口熊峰に就いて古義学を学び,のちに井上蘭台に師事,折衷学を打ち立てた。宝暦9(1759)年,父の死とともに笠間藩を離れ,江戸駒込に住んで日毎に賃銭を取り経書を講じて,売講の嚆矢となった。明和2(1765)年,神田に創立された私立の医学館躋寿館の学頭に迎えられたが,明和事件(1766)に関連して退き,下谷に塾を開いた。その門に学ぶ者多く,のちに二本松藩や相馬藩(ともに福島県)の賓師となり,寛永寺宮家に仕えた。<著作>『経義折衷』

(高橋昌彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いのうえきんが【井上金峨】

1732‐84(享保17‐天明4)
江戸中期の儒者。折衷学派。名は立元,字は純卿,通称は文平,金峨は号。江戸の生れで,父は常陸笠間藩医。はじめ川口熊峰に仁斎学,ついで井上蘭台に徂徠学を学んだが,やがて一家言を立てて折衷学の提唱者の一人となった。その説は,一学派一学説にとらわれずに諸説を取捨選択して自得するというもので,経学の訓詁は漢・唐,義理は宋・明の諸学説を折衷し,詩文は唐・宋の諸家に倣い清新平明を主とした。金峨の説は,当時流行した荻生徂徠の古文辞学末流の弊を改め復古主義から解放しようとするものであり,やがて多くの共鳴者を得て江戸の学風を一変させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いのうえきんが【井上金峨】

1732~1784) 江戸中期の儒学者。江戸の人。名は立元。別号、考槃翁・柳塘閑人。仁斎学・徂徠学・朱子学などを兼学、のち独立していわゆる折衷学を唱えた。訓詁は漢唐、義理は宋明、詩文は唐宋諸家に拠った。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

井上金峨
いのうえきんが

[生]享保17(1732)
[没]天明4(1784).6.16.
江戸時代中期の折衷派の儒学者。川口熊峰,井上蘭台に学ぶ。訓詁は漢唐の儒者に,義理は宋明の儒者に従い,経義を折衷。著書『焦余稿』『経義折衷』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

井上金峨
いのうえきんが
(1732―1784)

江戸中期の儒学者。折衷(せっちゅう)学派。名は立元、字(あざな)は純卿(じゅんけい)、通称は文平。金峨はその号で、考槃翁(こうはんおう)、柳塘閑人(りゅうとうかんじん)とも号した。仁斎(じんさい)学派の宮川熊峯(みやがわようほう)、林家門で古注にも通じた井上蘭台(いのうえらんだい)(1705―1761)に学んだ。やがて当時流行の徂徠(そらい)学を批判して折衷学を唱え、儒学界に新風をおこした。その学説は、学問の道は自得にあるとして、既成の学派にとらわれず、中国漢唐(かんとう)の注疏(ちゅうそ)(古注)と宋明(そうみん)の倫理学説とを取捨折衷して、一家の見(けん)をたてるものであった。家職は、常陸(ひたち)国(茨城県)笠間(かさま)藩医であったが、仕官を辞して民間にあって、亀田鵬斎(かめだほうさい)、山本北山らの多くの優れた門人を育てた。『経義緒言』『経義折衷』『匡正録(きょうせいろく)』『易学弁疑』『師弁』『読学則』『焦余稿』などの著作がある。[衣笠安喜]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の井上金峨の言及

【折衷学派】より

…古学派全盛のあとを受けて,18世紀の後半,当時高名の儒者10人のうち8,9人は折衷学といわれるほど流行し,儒学界の主潮流を占めた。その代表的な学説は,折衷学の提唱者である井上金峨(きんが)の《経義折衷》(1764),片山兼山の《山子垂統》(1775)などにうかがえる。共通点は,朱子学や陽明学などの既成の学説のいずれにも拘束されず,漢・唐の注疏学から宋・明の理学まで先行諸学説を取捨選択して〈穏当〉をはかるという学問方法にあった。…

※「井上金峨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

井上金峨の関連キーワード竹川政辰末包金陵詮茂端春荘樗雲貞佐(1)丹羽雲気墨隠三縄桂林帒一

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone