コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池衡岳 きくち こうがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池衡岳 きくち-こうがく

1747-1805 江戸時代中期-後期の儒者。
延享4年6月7日生まれ。紀伊和歌山藩士菊池家をつぐ。松崎観海にまなび,藩の儒官となる。寛政5年江戸藩邸内に新設された学館明教館の学則制定藩政にも関与し,11年新番頭となった。文化2年閏(うるう)8月16日死去。59歳。本姓関口。名は。字(あざな)は叔成。著作に「君道編」「相豆紀行」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

菊池衡岳 (きくちこうがく)

生年月日:1747年6月7日
江戸時代中期;後期の儒者
1805年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

菊池衡岳の関連キーワード佐々木方壺岡部四溟生年月日後期儒者