岩出山しの竹細工(読み)いわでやましのたけざいく

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

岩出山しの竹細工[竹工]
いわでやましのたけざいく

東北地方、宮城県の地域ブランド。
大崎市岩出山地区で製作されている。江戸時代の享保年間(1716年〜1736年)に第4代岩出山城主・伊達村泰が武士の手仕事として奨励したのがその起源とされ、以来300年以上の伝統を有する。しのの特徴は、弾力があってやわらかいところ。なめらかな表皮を丁寧に内側に編み込んでいくため、指に優しく、水切れが良いなど機能的にも優れる。弾力性・耐久性に富むなどが日用品として広く愛用されている。宮城県伝統的工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

岩出山しの竹細工

宮城県大崎市を中心に生産される竹細工の工芸品。製造の起源は享保年間に遡るとされる。県の伝統的工芸品に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android