岩崎 貢(読み)イワサキ ミツグ

20世紀日本人名事典の解説

岩崎 貢
イワサキ ミツグ

大正・昭和期の政治家 大分県議(自民党)。



生年
明治26(1893)年11月19日

没年
昭和50(1975)年5月25日

出生地
大分県津久見

学歴〔年〕
臼杵中学中退

経歴
病気のため、臼杵中学を中退。20歳で青年会津久見分会長となる。大正期は地元選出の代議士箕浦勝人を支持し、普通選挙運動に加わったが、大正13年衆院選の開票に伴う乱闘事件(いわゆる大分三区事件)で検挙され、禁固一年の判決を受けた(のち判決が逆転し、事件は解決)。昭和8年津久見町会議員に選出されて政治家の道を歩みはじめるも、太平洋戦争中の翼賛政治体制を批判して町議を辞任。戦後、22年に大分県会議員に選ばれ、大分県における保守派の重鎮として活躍。26年には県会議長、自由党大分県連会長を務めた。保守合同ののち、34年より自民党県連会長。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android