コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩崎俊弥 いわさき としや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩崎俊弥 いわさき-としや

1881-1930 明治-昭和時代前期の実業家。
明治14年1月28日生まれ。岩崎弥之助の次男。ロンドン大で応用化学をまなび,明治36年帰国。40年兵庫県尼崎に旭硝子(あさひガラス)を設立。板ガラスの製造をはじめた。昭和5年10月16日死去。50歳。東京出身。第一高等学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の岩崎俊弥の言及

【旭硝子[株]】より

…三菱系。1907年9月,岩崎俊弥(岩崎弥太郎の弟弥之助の次男)により旭硝子(株)の名称で兵庫県尼崎に創立された。ベルギーから手吹式円筒法の技術を導入して09年尼崎工場(現,関西工場)を建設,日本初の窓ガラス生産に成功した。…

※「岩崎俊弥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岩崎俊弥の関連キーワード旭硝子[株]旭硝子(株)島田 孫市島田孫市実業家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android