コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応用化学 おうようかがく applied chemistry

5件 の用語解説(応用化学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

応用化学
おうようかがく
applied chemistry

(1) 広義にはすべての物質の性質や変化を化学の基礎に立って実際面に応用していく学問分野をいう。したがって,その分野は非常に広く,工業化学農芸化学,薬学などを含み,諸工業,鉱業,農業,水産などあらゆる生産技術に関連する内容を包含する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おうよう‐かがく〔‐クワガク〕【応用化学】

産業や生活に直接役立つような化学技術の応用を研究する化学の一分野。狭くは工業化学と同義だが、広くは農芸化学・薬化学などを含めていう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

応用化学【おうようかがく】

基礎的な化学の研究を行う純正化学に対し,生産・生活への応用を目的として化学的現象を研究する化学の一分野。工業化学,農芸化学,食品化学栄養化学,医化学,薬化学など。
→関連項目化学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

おうようかがく【応用化学】

化学の理論や実験から得られた結果を、産業や生活に応用する学問。工業化学・農芸化学・薬化学・医化学などの諸分野を含む。狭義には、工業化学のみをいう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

応用化学
おうようかがく
applied chemistry

化学の分類の一つ。基礎的な化学を純正化学とよぶのに対し、各種の生産あるいは人間生活に役だつような化学技術を応用するための研究分野を応用化学とよんでいる。すなわち、工業化学、農芸化学、薬化学その他の各種の分野を含めていう。しかし狭い意味では工業化学と同じ意味に用いられることが多い。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

応用化学の関連キーワード磁性体結晶鉱泉物性普遍性変質油性愛はすべての上に熱変性誘導脂質

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

応用化学の関連情報