コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応用化学 おうようかがくapplied chemistry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

応用化学
おうようかがく
applied chemistry

(1) 広義にはすべての物質の性質や変化を化学の基礎に立って実際面に応用していく学問分野をいう。したがって,その分野は非常に広く,工業化学農芸化学薬学などを含み,諸工業,鉱業,農業,水産などあらゆる生産技術に関連する内容を包含する。 (2) 狭義には,工業化学のことをさす。大学などの学科名で応用化学といえば,ふつう工業化学のことである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おうよう‐かがく〔‐クワガク〕【応用化学】

産業や生活に直接役立つような化学技術の応用を研究する化学の一分野。狭くは工業化学と同義だが、広くは農芸化学・薬化学などを含めていう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

応用化学【おうようかがく】

基礎的な化学の研究を行う純正化学に対し,生産・生活への応用を目的として化学的現象を研究する化学の一分野。工業化学,農芸化学,食品化学,栄養化学,医化学,薬化学など。
→関連項目化学

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

おうようかがく【応用化学】

化学の理論や実験から得られた結果を、産業や生活に応用する学問。工業化学・農芸化学・薬化学・医化学などの諸分野を含む。狭義には、工業化学のみをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

応用化学
おうようかがく
applied chemistry

化学の分類の一つ。基礎的な化学を純正化学とよぶのに対し、各種の生産あるいは人間生活に役だつような化学技術を応用するための研究分野を応用化学とよんでいる。すなわち、工業化学、農芸化学、薬化学その他の各種の分野を含めていう。しかし狭い意味では工業化学と同じ意味に用いられることが多い。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

応用化学の関連キーワードジョン・レックス ホインフィールドロバート・ルードビッヒ モンド国際純正・応用化学連合ウンウンセプチウムウンウンオクチウムウンウンペンチウム田島ルーフィング県立松阪工業高校ウンウントリウム国際原子量委員会宇佐美 桂一郎河喜多 能達応化/オーカ田川 飛旅子西川 虎之助高山 甚太郎大島 義清厚木 勝基西川虎之助永井彰一郎

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

応用化学の関連情報