コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩崎巴人 いわさき はじん

美術人名辞典の解説

岩崎巴人

異色日本画家・禅林寺派僧侶。大正6年(1917)東京生。名は弥寿彦。川端画学校に学び、のち小林古径を師と仰ぎ今日一家を成す。館山市住。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩崎巴人 いわさき-はじん

1917-2010 昭和-平成時代の日本画家。
大正6年11月12日生まれ。小林古径にまなび,昭和13年院展に初入選。32年日本表現派の結成に参加。52年京都禅林寺で出家し,仏伝画,水墨画にとりくんだ。平成22年5月9日死去。92歳。東京出身。川端画学校卒。本名は弥寿彦。作品に「百鬼夜行図」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岩崎巴人の関連キーワード新興美術院三上 正寿三上正寿

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android