コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩座/磐座 イワクラ

2件 の用語解説(岩座/磐座の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いわ‐くら〔いは‐〕【岩座/×座】

《「いわ」は堅固な意》神の御座所。いわさか。
「天の―を離れ、天の八重多那雲を押し分けて」〈・上〉

いわ‐ざ〔いは‐〕【岩座】

岩をかたどった、仏像を安置する台座。明王や天部像に用いられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の岩座/磐座の言及

【台座】より

…また蓮の葉を象った台座を荷葉座(かしようざ)といい,主として天部像などに用いられる。(3)岩座(いわざ) これは岩石の形に造った台座で,朽木を岩に見立てて用いることもあり,朽木座の称もある。岩座の系統に属するものに洲浜座や瑟瑟座(しつしつざ)がある。…

※「岩座/磐座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone