岩手県大船渡市(読み)おおふなと〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県〕大船渡〈市〉(おおふなと〈し〉)


岩手県南東部の海沿いの市。
2001年(平成13)11月、気仙郡三陸町を編入し、現在の姿となった。天然の良港である大船渡港は4万トン級の船舶が接岸可能。水産加工・セメント・木材工場などが操業。湾内ではカキなどの養殖漁業も盛ん。「日本の渚百選」にも選ばれた碁石海岸は陸中海岸国立公園南部の景勝地。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩手県大船渡市の関連情報