コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩瀬与一太郎 いわせ よいちたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩瀬与一太郎 いわせ-よいちたろう

?-? 平安時代後期の武将。
常陸(ひたち)(茨城県)佐竹氏の家臣。治承(じしょう)4年(1180)源頼朝に攻められ,佐竹秀義にしたがい金砂(かなさ)山にこもり防戦。捕らえられたとき,頼朝に対して同族の佐竹氏をほろぼす非を説き,かえってゆるされ御家人にくわえられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

岩瀬与一太郎

生年:生没年不詳
平安末・鎌倉初期の武士。常陸国(茨城県)出身。常陸の豪族佐竹秀義の家人。治承4(1180)年の源頼朝による佐竹征討で捕らえられた際,本来力を合わせて平家を討つべき同族の佐竹氏を滅ぼしたことを涙ながらに抗議した。これには頼朝も言葉を失い,彼を許して御家人の列に加えた。

(高橋秀樹)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

岩瀬与一太郎の関連キーワード生年

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android