コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩田守弘 いわたもりひろ

2件 の用語解説(岩田守弘の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

岩田守弘

バレエダンサー。1970年10月6日生まれ、身長166センチメートル。88年、全日本バレエコンクールジュニア部門優勝。同年よりソビエトバレエインスティテュートで2年間、90年より国立モスクワ・バレエ・アカデミーで1年半学び、91年、国立ロシア・バレエ団に入団。2003年、ロシアを代表するバレエ・オペラ劇場「ボリショイ劇場ボリショイ・バレエ団の第1ソリストに選出される。同劇場での外国人第1ソリストは史上初。12年7月17日、ボリショイ劇場新館にて自身の退団記念公演に出演、現役を引退しバレエ振付師へ転向した。受賞歴は、92年「ペルミバレエコンクール」グランプリ、93年「第7回モスクワ国際バレエコンクール」第1位、01年「バランシン記念第1回国際バレエコンクール」グランプリ、10年、芸術選奨文部科学大臣賞受賞など。

(2012-07-19)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩田守弘 いわた-もりひろ

1970- 昭和後期-平成時代のバレエダンサー。
昭和45年10月6日生まれ。父岩田高一主宰のバレエ・スクールで学び,昭和63年全日本バレエ・コンクールのジュニア部門第1位,翌年のローザンヌ国際バレエ・コンクールでファイナリストとなる。平成2年ロシア国立モスクワアカデミー舞踊学校に留学し,アレクサンドル・ボンダレンコに師事。5年モスクワ国際バレエ・コンクール第1位金賞を獲得。7年ボリショイ・バレエの研修生となり,翌年同劇場初の外国人ソリストに昇格し,15年第1ソリストとなる。166cmと小柄ながら抜群の技術と表現力をもち,道化役などで評価が高い。振付家としても活躍。21年ロシア政府より友好勲章を授与された。22年「阿修羅」の振り付けおよび「サタネラ」の演技で芸術選奨文部科学大臣賞。24年ボリショイ・バレエでのダンサー生活を引退し,シベリア・ウランウデの国立ブリャート歌舞劇場バレエ団の芸術監督に就任。神奈川県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

岩田守弘の関連キーワードデンマーク王立バレエ団森下洋子ロシア・バレエ団家田荘子石田種生植田紳爾薄井憲二法村牧緒前田哲男横井茂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩田守弘の関連情報