コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩田守弘 いわたもりひろ

2件 の用語解説(岩田守弘の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

岩田守弘

バレエダンサー。1970年10月6日生まれ、身長166センチメートル。88年、全日本バレエコンクールジュニア部門優勝。同年よりソビエトバレエインスティテュートで2年間、90年より国立モスクワ・バレエ・アカデミーで1年半学び、91年、国立ロシア・バレエ団に入団。2003年、ロシアを代表するバレエ・オペラ劇場「ボリショイ劇場ボリショイ・バレエ団の第1ソリストに選出される。同劇場での外国人第1ソリストは史上初。12年7月17日、ボリショイ劇場新館にて自身の退団記念公演に出演、現役を引退しバレエ振付師へ転向した。受賞歴は、92年「ペルミバレエコンクール」グランプリ、93年「第7回モスクワ国際バレエコンクール」第1位、01年「バランシン記念第1回国際バレエコンクール」グランプリ、10年、芸術選奨文部科学大臣賞受賞など。

(2012-07-19)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩田守弘 いわた-もりひろ

1970- 昭和後期-平成時代のバレエダンサー。
昭和45年10月6日生まれ。父岩田高一主宰のバレエ・スクールで学び,昭和63年全日本バレエ・コンクールのジュニア部門第1位,翌年のローザンヌ国際バレエ・コンクールでファイナリストとなる。平成2年ロシア国立モスクワアカデミー舞踊学校に留学し,アレクサンドル・ボンダレンコに師事。5年モスクワ国際バレエ・コンクール第1位金賞を獲得。7年ボリショイ・バレエの研修生となり,翌年同劇場初の外国人ソリストに昇格し,15年第1ソリストとなる。166cmと小柄ながら抜群の技術と表現力をもち,道化役などで評価が高い。振付家としても活躍。21年ロシア政府より友好勲章を授与された。22年「阿修羅」の振り付けおよび「サタネラ」の演技で芸術選奨文部科学大臣賞。24年ボリショイ・バレエでのダンサー生活を引退し,シベリア・ウランウデの国立ブリャート歌舞劇場バレエ団の芸術監督に就任。神奈川県出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岩田守弘の関連キーワード黒人問題鉄鋼業自動車工業朝鮮映画永堀剛敏RCA市民運動醸造業中南米映画電子工業

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩田守弘の関連情報