岩黄耆(読み)イワオウギ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

岩黄耆 (イワオウギ)

学名:Hedysarum vicioides
植物。マメ科の多年草,高山植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いわ‐おうぎ いはワウギ【岩黄耆】

〘名〙 マメ科の多年草。本州中部以北の高山の砂礫地に生える。高さ一五~五〇センチメートル。葉は長さ約二センチメートルの楕円形の小葉六~一一対からなる奇数羽状複葉。八月頃、葉腋から花梗(かこう)を伸ばし、淡黄色の蝶形花をつける。たてやまおうぎ。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android