コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岳玉淵 がく ぎょくえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岳玉淵 がく-ぎょくえん

1737-1798 江戸時代中期の書家。
元文2年生まれ。大坂の人。中国秦漢時代の大家の書をまなび,とくに二王といわれた東晋の王羲之(ぎし)とその子の王献之(けんし)の書にならった。門人森川竹窓(ちくそう)がいる。寛政10年11月12日死去。62歳。名は庸。字(あざな)は孔庸。別号に鼎文,玉淵子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岳玉淵の関連キーワード書家

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android