コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王献之 おうけんし Wang Xian-zhi

6件 の用語解説(王献之の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王献之
おうけんし
Wang Xian-zhi

[生]建元2(344)
[没]太元11(386)
中国,東晋の書家。王羲之の第7子。字は子敬。呉興太守,中書令などを歴任。書にすぐれ父とあわせて「二王」の称があり,ことに行草の書にすぐれた才を示した。模本の筆跡に行草の『地黄湯帖 (じおうとうじょう) 』『中秋帖』,小楷の『洛神賦十三行』などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おう‐けんし〔ワウ‐〕【王献之】

[344~388]中国、東晋の書家。字(あざな)は子敬。王羲之(おうぎし)の第7子。行・草書の大家で、父とともに二王と称される。楷書の 「洛神賦十三行(らくしんふじゅうさんぎょう)」、行草の「地黄湯帖(じおうとうじょう)」、草書の「中秋帖」などが有名。王大令。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

王献之【おうけんし】

中国,東晋の書家。字は子敬。王羲之の第7子。在世当時から父と並ぶ書家として知られ,書風は父よりもさらに逸気にすぐれた。その作品は《淳化閣帖》その他の集帖にも多く収められており,楷書《洛神賦十三行》,行書《地黄湯帖》,草書《中秋帖》が主作品。
→関連項目三希堂法帖孫過庭六朝文化

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おうけんし【王献之 Wáng Xiàn zhī】

344‐386か388
中国,東晋の人。字は子敬。王羲之の第7子。父を大王と呼ぶのに対して小王と呼ばれ,中書令に任ぜられたことがあるので,その別称で王太令とも呼ばれた。王羲之の諸子の中でもっとも書の天分に恵まれ,父より書法を授けられ,骨力の点では父に及ばないが,媚趣(びしゆ)ありと評せられた。作品としては小楷の《洛神賦》,草書の《中秋帖》《地黄湯帖》《鴨頭丸帖》などが有名である。【外山 軍治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おうけんし【王献之】

344~388) 中国、東晋の書家。字あざなは子敬。王羲之おうぎしの第七子。父とともに二王と称され書の模範とされた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

王献之
おうけんし
(344―388)

中国、東晋(とうしん)時代の書家。書聖王羲之(おうぎし)の第7子。琅邪(ろうや)臨沂(りんぎ)(山東省)の人。字(あざな)は子敬。秘書郎、建威将軍、呉興太守を経て中書令に至ったため、王大令ともいわれる。幼時より父に書を学んだが、羲之の7男1女のなかでは年少の献之がもっとも書の天分に恵まれ、逸気に富む書風を創始した。宋(そう)の羊欣(ようきん)『古来能書人名』に「隷藁(れいこう)(楷草(かいそう))を能(よ)くす。骨勢は父に及ばないが、媚趣(びしゅ)は父以上だ」と評されており、後世、父を大王とよぶに対して小王とよばれ、二王あるいは羲献と並称された。太元13年、45歳で没し、侍中(じちゅう)、特進光禄大夫(こうろくたいふ)、太宰(たいさい)を追贈され、憲と諡(おくりな)された。小楷の『洛神賦(らくしんふ)十三行』、行草の『地黄湯帖(ちおうとうじょう)』、草書の『中秋帖』『鴨頭丸帖(おうとうがんじょう)』が著名の作である。[角井 博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の王献之の言及

【書】より

…《管洛墓碑》《張朗碑》などがその例で,これらは後世に盛行する墓誌銘の先駆となった。 東晋時代には,王羲之・王献之父子をはじめ,書の名家が数多く現れ,ここに書道史の黄金時代が出現するにいたった。王羲之は,〈骨骾(こつこう)〉すなわち骨っぽい直言の人として当時たたえられたが,その反面豊かな感性の持主でもあり,漢・魏以来の書の伝統をふまえて,古今無類の雍容典雅な美しさを発揮した。…

【書体】より

…草書は本来,書体の名称ではなく,早書きしたもの一般に使われていたと考えられる。ここでは章草が単体で書かれていたものから,しだいにつづけて書かれる筆勢をもつようになった書体をいうもので,すべての字を連綿したものをとくに連綿草といい,晋の王献之がその始祖という。後漢の張芝が草聖と称されているが,《淳化閣帖》に伝わる彼の書が縦横に大きく動いて書かれているのをみると,ある広さをもった紙などに書かれたものであることがわかり,草書の生成と紙の発明は縁の深いことが考えられる。…

【書論】より

…南朝から唐代前半期までは,個々の書家を〈天然〉と〈工夫〉という二つの規準に照らして,あるいは書体別にその巧拙を比較して格づけする品第法と,個々の書風の特性を自然や人物にたとえて論評する比況法が盛んに行われた。多くの書家の中から,後漢の張芝,魏の鍾繇(しようよう),東晋の王羲之,さらにその子王献之が古今の四傑として最も高い評価を得,こうして伝統派の書論の基礎が築かれた。 唐代には孫過庭の《書譜》や張懐瓘の《書断》など,伝統派の書論を集大成した力作も現れたが,反面,書法を秘訣として子孫に伝える傾向が生じ,そのための通俗な伝授書も多く作られた。…

※「王献之」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

王献之の関連キーワード王羲之十七帖喪乱帖智永蘭亭序王徽之二王蘭亭三希伊藤三橋

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

王献之の関連情報