コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸上大作 きしがみ だいさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸上大作 きしがみ-だいさく

1939-1960 昭和時代後期の歌人。
昭和14年10月21日生まれ。高校時代歌誌「まひる野」に入会。昭和35年国学院大在学中,六○年安保闘争をうたった短歌40首が「短歌研究」新人賞佳作となる。同年12月5日闘争と恋への挫折感をかきのこして自殺。21歳。のち歌集「意志表示」と日記が刊行され,青年層の共感をよんだ。兵庫県出身。
【格言など】かがまりてこんろに赤き火をおこす母とふたりの夢つくるため(「意志表示」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岸上大作の関連キーワード10月21日佐佐木幸綱岸上 大作

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岸上大作の関連情報