コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸上大作 きしがみ だいさく

1件 の用語解説(岸上大作の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸上大作 きしがみ-だいさく

1939-1960 昭和時代後期の歌人。
昭和14年10月21日生まれ。高校時代歌誌「まひる野」に入会。昭和35年国学院大在学中,六○年安保闘争をうたった短歌40首が「短歌研究」新人賞佳作となる。同年12月5日闘争と恋への挫折感をかきのこして自殺。21歳。のち歌集「意志表示」と日記が刊行され,青年層の共感をよんだ。兵庫県出身。
【格言など】かがまりてこんろに赤き火をおこす母とふたりの夢つくるため(「意志表示」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

岸上大作の関連キーワード明石海人石川きぬ子石田マツ小野茂樹賀田秀蔭可亭佐竹弥生高橋正翁西田佐知子山本成雄

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岸上大作の関連情報