コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸上恢嶺 きしがみ かいれい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸上恢嶺 きしがみ-かいれい

1839-1885 幕末-明治時代の僧。
天保(てんぽう)10年8月8日生まれ。江戸増上寺にまなび,明治元年同寺の学寮主となる。浄土宗学校の設立を主唱し,開設後東部本校(東京),西部本校(京都)の司教をつとめた。16年宇治平等院住職。明治18年2月15日死去。47歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。号は曠蓮社廓誉。著作に「選択集纂註」「説教惟中策」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岸上恢嶺の関連キーワード明治時代幕末恢嶺天保

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android