コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸本賀昌 きしもと がしょう

2件 の用語解説(岸本賀昌の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸本賀昌 きしもと-がしょう

1868-1928 明治-昭和時代前期の官僚,政治家。
尚泰王21年7月1日生まれ。明治15年第1回沖縄県県費留学生として上京し,慶応義塾にまなぶ。石川県参事官,沖縄県参事官をへて45年沖縄県初選出の衆議院議員(当選4回,民政党)。大正14年那覇(なは)市長。昭和3年2月28日死去。61歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

岸本賀昌

没年:昭和3.2.28(1928)
生年:尚泰21.7.1(1868.8.18)
近代沖縄の行政官,政治家。沖縄県那覇市生まれる。明治15(1882)年,第1回県費留学生として謝花昇,太田朝敷らと上京,学習院,慶応義塾で政治・経済学を学ぶ。卒業後,奈良原繁沖縄県知事のもとで地方制度改正に取り組む。のち内務省地方局に移り,石川県参事官となる。33年帰郷,沖縄県参事となり県立二中や県立図書館建設に尽力。大正1(1912)年,沖縄初の衆院選挙に政友会公認で当選,のち憲政会に転じる。以後当選4回。その後,沖縄選出の議員は中央政局の変動に対応して党籍を変わる「一県一党」主義の行動様式が形成された。『沖縄毎日新報』社長,沖縄共立銀行頭取を務め,14年,第3代の那覇市長となる。那覇市民の水問題解決のために水道敷設事業を精力的にすすめた。公務で上京中倒れ,口腔癌のため,入院先の慶応大病院で死去。<参考文献>『沖縄県史』『那覇市史』

(我部政男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

岸本賀昌の関連キーワード戊辰戦争治安維持法早竹虎吉(初代)明治東京(都)稲垣浩松竹(株)戦争文学天野八郎鮎沢伊太夫

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone