コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸本賀昌 きしもと がしょう

2件 の用語解説(岸本賀昌の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸本賀昌 きしもと-がしょう

1868-1928 明治-昭和時代前期の官僚,政治家。
尚泰王21年7月1日生まれ。明治15年第1回沖縄県県費留学生として上京し,慶応義塾にまなぶ。石川県参事官,沖縄県参事官をへて45年沖縄県初選出の衆議院議員(当選4回,民政党)。大正14年那覇(なは)市長。昭和3年2月28日死去。61歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

岸本賀昌

没年:昭和3.2.28(1928)
生年:尚泰21.7.1(1868.8.18)
近代沖縄の行政官,政治家。沖縄県那覇市生まれる。明治15(1882)年,第1回県費留学生として謝花昇,太田朝敷らと上京,学習院,慶応義塾で政治・経済学を学ぶ。卒業後,奈良原繁沖縄県知事のもとで地方制度改正に取り組む。のち内務省地方局に移り,石川県参事官となる。33年帰郷,沖縄県参事となり県立二中や県立図書館建設に尽力。大正1(1912)年,沖縄初の衆院選挙に政友会公認で当選,のち憲政会に転じる。以後当選4回。その後,沖縄選出の議員は中央政局の変動に対応して党籍を変わる「一県一党」主義の行動様式が形成された。『沖縄毎日新報』社長,沖縄共立銀行頭取を務め,14年,第3代の那覇市長となる。那覇市民の水問題解決のために水道敷設事業を精力的にすすめた。公務で上京中倒れ,口腔癌のため,入院先の慶応大病院で死去。<参考文献>『沖縄県史』『那覇市史』

(我部政男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岸本賀昌の関連キーワード沖縄県立芸術大学浦添豊見城那覇空港大田昌秀安里彦紀稲村賢敷当間重剛西銘順治沖縄の長かな

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone