コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸記念体育会館 きしきねんたいいくかいかん

世界大百科事典 第2版の解説

きしきねんたいいくかいかん【岸記念体育会館】

財団法人日本体育協会の所有する建築物。第2代体協会長岸清一遺志により,1934年に遺族が寄付した80万円の運動会館建設基金によって,41年に東京・御茶ノ水に完成。木造2階建てで手狭となったため,64年に東京・渋谷に移転,地上5階・地下3階建てのビルとなった。体協事務局のほか,多くの中央競技団体,スポーツ関係団体が事務局を置き,〈アマチュア・スポーツの総本山〉と呼ばれる。地下3階の講堂は室内競技の体育館を兼ねている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岸記念体育会館の関連情報