コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸記念体育会館 きしきねんたいいくかいかん

1件 の用語解説(岸記念体育会館の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きしきねんたいいくかいかん【岸記念体育会館】

財団法人日本体育協会の所有する建築物。第2代体協会長岸清一の遺志により,1934年に遺族が寄付した80万円の運動会館建設基金によって,41年に東京・御茶ノ水に完成。木造2階建てで手狭となったため,64年に東京・渋谷に移転,地上5階・地下3階建てのビルとなった。体協事務局のほか,多くの中央競技団体,スポーツ関係団体が事務局を置き,〈アマチュア・スポーツの総本山〉と呼ばれる。地下3階の講堂は室内競技体育館を兼ねている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岸記念体育会館の関連キーワード財団法人社団法人等価交換方式日本体育大学財団法人日本漢字能力検定協会日本国際教育協会公益財団法人社団法人と財団法人スポーツ少年団日本ホッケー協会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岸記念体育会館の関連情報