コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸清一 きし せいいち

7件 の用語解説(岸清一の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

岸清一

法学博士・弁護士日本体育協会設立者。東大法科卒。学生時代よりボート選手として活躍。弁護士として法曹界で活躍し、岩崎家(三菱)・東京市役所等の顧問となる。昭和43年大日本体育協会設立に参画し日本漕艇協会初代会長となる。大正13年国際オリンピック委員会長に就任し、国際舞台でも日本の発展に尽した。歿後に遺族から体協に寄付されこれを基金に岸記念体育館が建設された。昭和8年(1933)歿、67才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きし‐せいいち【岸清一】

[1867~1933]日本近代スポーツの育成者。島根の生まれ。1911年の大日本体育協会の創立に際し嘉納治五郎会長を助け、のち2代目の会長。東京の岸記念体育会館はその遺志によって建てられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

岸清一【きしせいいち】

日本アマチュアスポーツの功労者。松江市出身。東大法科在学中はボートの選手として活躍。卒業後,三菱財閥顧問弁護士となり,民事訴訟の権威とされた。1921年嘉納治五郎の後任として大日本体育協会(のちの日本体育協会)の第2代会長に就任,1924年IOC国際オリンピック委員会)委員となる。
→関連項目平沼亮三

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸清一 きし-せいいち

1867-1933 明治-昭和時代前期の弁護士,スポーツ功労者。
慶応3年7月4日生まれ。帝国大学在学中ボート選手として活躍。卒業後弁護士となり,民事訴訟法の権威として知られる。大日本体育協会会長,IOC委員もつとめた。昭和8年10月29日死去。67歳。遺志による寄付金をもとに岸記念体育館がたてられた。出雲(いずも)(島根県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

きしせいいち【岸清一】

1867‐1933(慶応3‐昭和8)
大正・昭和期のスポーツ功労者。島根県松江市の出身。東京帝国大学法科在学中はボート選手として活躍した。1893年第1回弁護士試験に合格,三菱財閥の顧問弁護士となり,民事訴訟の権威とされた。1921年嘉納治五郎の後を継いで大日本体育協会の第2代会長に就任,強い指導力を発揮して興隆期の日本スポーツ界をリードした。24年IOC(国際オリンピック委員会)委員に就任し,32年ロサンゼルス・オリンピックの際IOC総会で,40年のオリンピック大会の東京招致計画(のち中止)を発表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岸清一
きしせいいち

[生]慶応3(1867).松江
[没]1933.10.29. 東京
日本スポーツ界の功労者。法学博士。東京大学法学部卒業。 1921年大日本体育協会 (→日本体育協会 ) 第2代会長就任。 1924年国際オリンピック委員会 IOC委員に推され,オリンピック競技大会のパリ大会 (1924) ,アムステルダム大会 (1928) ,ロサンゼルス大会 (1932) の3大会にわたって活躍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岸清一
きしせいいち
(1867―1933)

大日本体育協会2代目会長、国際オリンピック委員会(IOC)委員。島根県松江市出身。東京帝国大学英法科卒業。在学中はボート選手として活躍した。弁護士をするかたわらアマチュア・スポーツの発展に尽くし、1921年(大正10)に嘉納治五郎(かのうじごろう)の後任として大日本体育協会会長に就任、24年IOC委員に選ばれた。岸記念体育館は彼の死後、その遺志による寄金100万円の一部をもとに40年(昭和15)の第12回オリンピック東京大会(日中戦争で返上)のために東京・御茶ノ水に建てられたものであるが、老朽化したため64年(昭和39)7月、第18回オリンピック東京大会の開催を機に現在の渋谷に新設移転した。[石井恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の岸清一の言及

【岸記念体育会館】より

…財団法人日本体育協会の所有する建築物。第2代体協会長岸清一の遺志により,1934年に遺族が寄付した80万円の運動会館建設基金によって,41年に東京・御茶ノ水に完成。木造2階建てで手狭となったため,64年に東京・渋谷に移転,地上5階・地下3階建てのビルとなった。…

※「岸清一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岸清一の関連キーワード島根県松江市苧町島根県松江市北田町島根県松江市栄町島根県松江市新町島根県松江市袖師町島根県松江市大正町島根県松江市千鳥町島根県松江市殿町島根県松江市灘町島根県松江市矢田町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岸清一の関連情報