コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

峰尾節堂 みねお せつどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

峰尾節堂 みねお-せつどう

1885-1919 明治-大正時代の僧。
明治18年4月1日生まれ。三重県泉昌寺の留守居僧。明治40年大石誠之助と知りあい,社会主義に傾倒。43年大石らとともに大逆事件に連座して起訴された。死刑判決後,特赦無期懲役となり,大正8年3月6日獄死。35歳。獄中記に「我懺悔(ざんげ)の一節」。和歌山県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

峰尾節堂の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android