特赦(読み)とくしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「特赦」の解説

特赦
とくしゃ

一種有罪の言い渡しを受けた特定の者につき,有罪の言い渡しの効力を失わせることを内容としている (恩赦法4~5) 。中央更生保護審査会 (犯罪者予防更生法3以下) の申し出があった特定の者に対し,内閣で決定し,天皇の認証を経て実施される。特赦は,刑罰に伴う制限を緩和する作用を有している。外国では,罪を犯した特定人に対し,一切の刑事訴追を免除する趣旨の特赦が行われている例があるが,日本の特赦は有罪の言い渡しを受けた者だけに適用がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「特赦」の解説

とく‐しゃ【特赦】

〘名〙 恩赦の一つ。有罪の言渡しを受けた特定の者に対して、有罪の言渡しの効力を失わせること。
※泰西国法論(1868)〈津田真道訳〉一「之を特赦の権と称す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「特赦」の解説

とく‐しゃ【特赦】

恩赦の一。有罪の言い渡しを受けた特定の者に対して、その効力を失わせること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の特赦の言及

【恩赦】より

…近代日本において第2次大戦前は天皇大権の下にあった恩赦は,戦後は憲法の規定(73条,7条)の下に内閣が決定する。その内容は恩赦法(1947公布)に定められ,大赦,特赦,減刑,刑の執行免除,復権からなる。これは方式の点から,政令恩赦(大赦,一般減刑,一般復権)と,個別恩赦(特赦,刑の執行免除,特別減刑,特別復権)とに区分される。…

※「特赦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android