コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

獄中記 ゴクチュウキ

デジタル大辞泉の解説

ごくちゅうき【獄中記】[書名]

原題、〈ラテン〉De Profundisワイルドの獄中手記。1905年刊。男色事件のため投獄された著者が悲哀の美しさ、キリスト受難の意味などを述べたもの。原題は「深き淵より」の意。

ごくちゅう‐き【獄中記】

投獄されている人が書いた手記。
[補説]書名別項。→獄中記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

獄中記の関連キーワードドレフュス事件(フランス史)ナワル・エル サーダウィジェフリー アーチャーブレイテンバッハ古田 大次郎山手 樹一郎G. ラモスラ・グーマ川合 貞吉田部 重治袴田 里見笹川 良一ラ・グーマアラビー立花実山ラーモスペッリコ深淵より秋田明大峰尾節堂

獄中記の関連情報