コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島多訥郎 しまだ とつろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島多訥郎 しまだ-とつろう

1898-1983 大正-昭和時代の日本画家。
明治31年6月24日生まれ。郷倉千靱(せんじん)に師事し,大正13年より院展に出品をつづけ,昭和32年「森と兎(うさぎ)」が日本美術院賞を,44年「海と溶け合う太陽」が文部大臣賞を受賞した。あかるい色彩とデザイン性のつよい画風を持ち味とした。昭和58年11月20日死去。85歳。栃木県出身。早大中退。本名は島田訥郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

島多訥郎の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android