コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島木赤彦 しまき あかひこ

9件 の用語解説(島木赤彦の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

島木赤彦

歌人。長野県生。本名は久保田俊彦、別号に柿の村人・山百合。長野師範卒。伊藤左千夫に師事、「アララギ」に参加し作歌に努めた。歌集・歌論集等著書も多い。大正15年(1926)歿、51才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しまき‐あかひこ【島木赤彦】

[1876~1926]歌人。長野の生まれ。本名、久保田俊彦。伊藤左千夫に師事し、「アララギ」を編集。初め万葉風と写生とを強調、のち東洋的な象徴主義を目ざした。歌集「氷魚(ひお)」「太虗(たいきょ)集」「柹蔭(しいん)集」、歌論「歌道小見」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

島木赤彦【しまぎあかひこ】

歌人。本名久保田俊彦。長野県生れ。長野師範卒。伊藤左千夫に師事し,歌誌《アララギ》の主要同人。作歌の基本として〈鍛練道〉を説き,きびしい写生に立脚した格調高い作品を残した。
→関連項目馬酔木中村憲吉根岸短歌会正岡子規

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島木赤彦 しまき-あかひこ

1876-1926 明治-大正時代の歌人。
明治9年12月17日生まれ。故郷長野県の小学校教員,校長をつとめながら,伊藤左千夫にまなぶ。大正3年上京し,斎藤茂吉らと「アララギ」を編集。「万葉集」を研究し,作歌信条として写生道と鍛錬道を説いた。大正15年3月27日死去。51歳。長野師範卒。本名は久保田俊彦。旧姓は塚原。号は柿の村人など。著作に「歌道小見」,歌集に「切火」「氷魚(ひお)」「太虗(たいきょ)集」など。
【格言など】隣室に書(ふみ)よむ子らの声きけば心に沁(し)みて生きたかりけり(死の直前の歌)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

島木赤彦

没年:昭和1.3.27(1926)
生年:明治9.12.17(1876)
明治大正時代の歌人。本名久保田俊彦,旧姓塚原。別号に山百合,柿の村人,柿蔭山房主人など。長野県諏訪郡上諏訪村(諏訪市)に塚原浅茅・さいの4男として生まれる。長野尋常師範学校卒業。早くから文学に親しみ,小学校で教鞭をとるかたわら,新体詩や短歌を投稿するようになる。明治36(1903)年には岩本木外らと『比牟呂』を創刊,37年には伊藤左千夫門に入った。38年に太田水穂と合著で刊行した詩歌集『山上湖上』には彼の新体詩が収められている。41年『アララギ』が創刊されると『比牟呂』をこれに合併,以来赤彦は左千夫門下の有力歌人として活躍することとなる。大正2(1913)年,中村憲吉と共著の処女歌集『馬鈴薯の花』を出版,その後島木赤彦という筆名を使う。翌年上京,私立淑徳高女の講師をしながら『アララギ』の編集を担当,短歌に専念した。第2歌集『切火』(1915)のころには主情的な作品が多い。その後は『アララギ』の発行に全力を注ぎ,同人の実質的な指導者となっていく。そのなかで『アララギ』の写実的歌風は確立された。教育者であった赤彦の言説には教祖的な説得力があり,そのことが『アララギ』勢力を強化拡大すると同時に,反赤彦的な気分を育てることにもなったのだろう。「写生道」を唱え,歌作における「鍛錬道」を説いた彼は,『氷魚』(1920),『太虚集』(1924),『柿蔭集』(1926)で質実な写生と寂寥感を詠じている。<著作>『赤彦全集』全10巻

(平石典子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

島木赤彦

上田三四二による文芸評論アララギ派の歌人、島木赤彦について論ずる。1986年刊。同年、第39回野間文芸賞受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しまぎあかひこ【島木赤彦】

1876‐1926(明治9‐昭和1)
明治・大正期の歌人。本名久保田俊彦。旧姓塚原。号は柿蔭山房(しいんさんぼう)主人など。長野県生れ。長野師範卒。小学校長など歴任ののち《アララギ》の編集に専念した。早く新体詩や和歌をつくったが,1900年正岡子規の選歌に入選,05年には詩歌集《山上湖上》(太田水穂との合著)を刊行した。09年それまで出していた《比牟呂(ひむろ)》を《アララギ》に合併,以後同派の有力歌人として活躍。14年上京してその編集と経営に力を傾け,《アララギ》の歌壇的進出に大きく寄与した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しまきあかひこ【島木赤彦】

1876~1926) 歌人。長野県生まれ。本名、久保田俊彦。長野師範卒。アララギ派に属し、伊藤左千夫に師事。近代感覚の主情的な作風を示すが、後年、生命感の表現を写生道に見、東洋的な自然詠へと歌境を深めた。歌集「切火」「氷魚」「太虗集」、歌論「歌道小見」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

島木赤彦
しまきあかひこ

[生]1876.12.17. 長野,上諏訪
[没]1926.3.27. 上諏訪
歌人。本名,久保田俊彦。別号,山百合,柿の村人など。 1898年長野師範学校卒業。小学校教員をしながら 1905年太田水穂との合著詩歌集『山上湖上』に新体詩を発表。一方,03年雑誌『氷むろ』 (のち『比牟呂』) を創刊して写実主義短歌を制作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の島木赤彦の言及

【アララギ】より

…13年左千夫が亡くなり,会員組織を設けた。翌年島木赤彦が上京し,雑誌の編集発行に専念し経営も安定した。茂吉,赤彦,中村憲吉らが歌壇に進出し《アララギ》の勢力を強化して,歌壇の中心的存在となる。…

【山部赤人】より

…家持は赤人を人麻呂と並べて〈幼年に未だ山柿の門に逕(いた)らず〉と嘆いたが(〈山〉を山上憶良とする説もある),紀貫之もまた《古今集》序で人麻呂と並称してたたえている。近代に至って島木赤彦らの作風や歌論にも強い影響を与えた。〈ぬば玉の夜の更けゆけば久木(ひさき)生(お)ふる清き川原に千鳥しば鳴く〉(巻六),〈春の野に菫(すみれ)摘みにと来しわれぞ野をなつかしみ一夜寝にける〉(巻八)。…

※「島木赤彦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

島木赤彦の関連情報