コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島本鳳泉 しまもと ほうせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島本鳳泉 しまもと-ほうせん

?-? 江戸時代中期-後期の篆刻(てんこく)家。
京都の人。高芙蓉(こう-ふよう)にまなび,「古今印選」「秦漢印譜鈕式」を模刻し,「字彙冠註」を編集した。弟子に東睦(とうぼく)がいる。文化(1804-18)のはじめ死去。名は広富。字(あざな)は子礼。通称は作十郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島本鳳泉の関連キーワード篆刻

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android