コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふよう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ふよう

宇宙開発事業団 (→宇宙航空研究開発機構 ) が 1992年2月 11日,H-Iロケット9号機で打ち上げた地球資源探査衛星 (JERS-1号) 。合成開口レーダ,光学センサを搭載し,鉱物資源の探査のほか農林漁業,環境の監視,国土保全などの目的で,570kmの極軌道を周回。この全天候型の合成開口レーダは地上物体の識別能力が高く,地表の状態を正確に観測することができる。打ち上げ当初,レーダのアンテナが開かず心配されたが,1992年4月4日には開いて,観測が始まった。重量は 1.4t。運用期間は打ち上げ後2年の予定だったが,約6年半にわたって観測を続け 1998年 10月に運用を終了した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ふようの関連キーワード浜村蔵六(初代)大久保漣々(2)宗主国・従属国宇宙開発事業団小柳ふよう野中千代子稲毛屋山岩佐凱実山地蕉窓野呂介石作事奉行鈴木小蓮鈴木鳴門大岡雲峰曾谷学川普請奉行駿府城代三雲仙嘯蘆嶺山脈岩倉具選

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ふようの関連情報