コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふよう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ふよう

宇宙開発事業団 (→宇宙航空研究開発機構 ) が 1992年2月 11日,H-Iロケット9号機で打ち上げた地球資源探査衛星 (JERS-1号) 。合成開口レーダ,光学センサを搭載し,鉱物資源の探査のほか農林漁業,環境の監視,国土保全などの目的で,570kmの極軌道を周回。この全天候型の合成開口レーダは地上物体の識別能力が高く,地表の状態を正確に観測することができる。打ち上げ当初,レーダのアンテナが開かず心配されたが,1992年4月4日には開いて,観測が始まった。重量は 1.4t。運用期間は打ち上げ後2年の予定だったが,約6年半にわたって観測を続け 1998年 10月に運用を終了した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ふようの関連情報