コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東睦 とうぼく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東睦 とうぼく

?-1828 江戸時代後期の僧。
臨済(りんざい)宗。豊後(ぶんご)(大分県)杵築(きつき)の養徳寺で出家。平石竜に築庭をまなぶ。のち京都妙心寺の桂春院にうつり,島本鳳泉(ほうせん)に篆刻(てんこく)をまなぶ。文化11年紀伊(きい)田辺(和歌山県)の海蔵寺住持となった。文政11年11月7日死去。俗姓は片山。別号に幽芳園夫,睦庵。著作に「築山染指録」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

東睦の関連キーワード東海庵書院庭園臨済

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android