コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高芙蓉 こう ふよう

5件 の用語解説(高芙蓉の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

高芙蓉

江戸中期の儒者。京都生。名は孟彪、字は孺皮、別号に中岳画史。尤軒の子。宍戸侯に仕え、書画・篆刻を能くする。著書多数。天明4年(1784)歿、63才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高芙蓉 こう-ふよう

1722-1784 江戸時代中期の篆刻(てんこく)家。
享保(きょうほう)7年3月15日生まれ。甲斐(かい)(山梨県)の医師の子。20歳のころ京都にいき儒学をまなび,刻印をはじめる。のち秦(しん)や漢の古印を手本とした作風で篆刻界を一変させ,印聖とよばれた。池大雅,韓天寿,柴野栗山(りつざん)らとしたしかった。天明4年4月24/25/26日死去。63歳。本姓は大島。名は孟彪。字(あざな)は孺皮(じゅひ)。通称は逸記。別号に氷壑山人,三岳道者など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

こうふよう【高芙蓉】

1722‐84(享保7‐天明4)
江戸中期の書画家,篆刻(てんこく)家。姓は源氏。甲斐高梨で生まれ,高氏と称した。名は孟彪,字は孺皮。芙蓉は号。父は医者。芙蓉は医業を継ぐことを好まず,壮年のころ京都に遊学し,広く諸儒と交わり,儒者として子弟に教授した。書は篆隷をよくし,山水画に長じたが,篆刻を最も得意とした。秦漢の古篆を研究し,それによって日本の篆刻印学が一変したとされ,世に印聖と称せられる。書画の鑑識にも精通していた。【角井 博】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高芙蓉
こうふよう

[生]享保7(1722).3.15. 甲斐,高梨
[没]天明4(1784).4.24/25. 江戸
儒学者,篆刻家,画家。通称は大島逸記 (いつき) 。名は孟彪 (もうひょう) ,字は孺皮 (じゅひ) ,号は芙蓉。出生地にちなみ姓を高とした。 20歳頃に京都へ移住し儒学,金石学,篆刻,書画,武術を独修。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高芙蓉
こうふよう
(1722―1784)

江戸中期の儒者、篆刻(てんこく)家。享保(きょうほう)7年3月15日、甲斐(かい)(山梨県)高梨に医師の子として生まれ、高氏の称はこの地名に、芙蓉の号は幼時に見慣れた富士山(芙蓉峰)にちなむといわれるが、以上は天明(てんめい)6年(1786)年紀のある墓碑銘を典拠としたもので、高梨の地名は過去にも現在にも存在しない。名は孟彪(もうひゅう)、字(あざな)は孺皮(じゅひ)。中岳画史、三岳道者などの別号がある。本姓は源、大島氏。通称は逸記といったが、しばしば姓名を変えた。20歳のころ京に出て儒学を学び、池大雅(いけのたいが)ら文人墨客と交わる。詩文書画に優れた才を示したほか、有職故実(ゆうそくこじつ)に通じ、説文(せつもん)や音韻の学にも造詣(ぞうけい)が深かったが、ことに篆刻に長じた。当時流行の低俗な明清(みんしん)風を退け、遠く秦漢(しんかん)の古印を手本に、格調高い作風を打ち出し、「印聖」とよばれる。天明(てんめい)4年3月、仕官のため江戸へ下ったが、到着後ほどない4月24日(26日とも)63歳で没した。[松原 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の高芙蓉の言及

【篆刻】より

…このような篆刻の流行と並行して篆刻に関する研究書や印譜が次々に刊行され,加えて大和古印の研究もおこり,ますます文人間に広まった。 江戸時代の最も大きな影響を及ぼした印人は京都の高芙蓉である。彼はそれまで流行した方篆雑体を低俗としてしりぞけ,秦漢印を尊び,古体の正制への復古を提唱した。…

※「高芙蓉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高芙蓉の関連キーワード稲毛屋山小笠原常徳置塩粛庵片山伊与下司芝亭小島必端清水伯民谷維揚前川虚舟三浦淳庵

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高芙蓉の関連情報