コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島梟 シマフクロウ

デジタル大辞泉の解説

しま‐ふくろう〔‐ふくろふ〕【島×梟】

フクロウ科の鳥。全長70センチくらい。全身褐色で黒い縞がある。北海道の森林にすむ。コタンクルカムイ。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しまふくろう【島梟】

フクロウ目フクロウ科の鳥。翼を開くと2メートルに達し、日本のフクロウでは最大。体は灰褐色で尾は淡褐色。魚類・両生類を捕食する。北海道・南千島・サハリンなどの河川・湖沼周辺の原生林にすむ。分布域が狭く、個体数が減少。天然記念物。絶滅危惧種。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

島梟 (シマフクロウ)

学名:Ketupa blakistoni
動物。フクロウ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

島梟の関連キーワード天然記念物絶滅危惧種サハリン淡褐色原生林両生類灰褐色

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android