羽音(読み)ハオト

デジタル大辞泉の解説

は‐おと【羽音】

鳥がはばたく音。また、虫の飛ぶ音。はねおと。
風を切って飛ぶ矢羽

はね‐おと【羽音】

はおと」に同じ。「鶏の羽音

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

は‐おと【羽音】

〘名〙
① 鳥などが、両方の翼を動かす時におこる音。また、昆虫が羽を動かす時の音。
※万葉(8C後)一二・三〇九〇「葦辺ゆく鴨の羽音の声(おと)のみに聞きつつもとな恋ひ渡るかも」
② 矢羽が、風を切って飛ぶ音。
③ 取引所で、評判のこと。
※朝野新聞‐明治一七年(1884)一月一二日「新古乗替口売買何さま強弱輸出口の羽音と世上諸品不捌」

はね‐おと【羽音】

〘名〙 =はおと(羽音)新撰字鏡(898‐901頃)〕
※拾遺(1005‐07頃か)神楽歌・五八六「しなが鳥ゐなのふし原とびわたる鴫のはねをとおもしろきかな〈よみ人しらず〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羽音の関連情報