コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津天錫 しまづ てんしゃく

1件 の用語解説(島津天錫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津天錫 しまづ-てんしゃく

1752-1809 江戸時代中期-後期の武士,漢詩人。
宝暦2年6月6日生まれ。明和9年薩摩(さつま)鹿児島藩主島津家一族の加治木島津家をつぎ6代領主となる。文教の充実につとめ郷校毓英館を創立。文化6年9月11日死去。58歳。名は久容,久憑,久徴(ひさなる)。字(あざな)は子嘏。別号に錦水。著作に「名山楼詠物百首」「名山楼詩集」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島津天錫の関連キーワード談義本ナッシュ滑稽本大草公弼三枝斐子ムラヴィヨーフラーマ[1世]波の伊八飯田口説亀田鵬斎

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone