文教(読み)ぶんきょう

デジタル大辞泉「文教」の解説

ぶん‐きょう〔‐ケウ〕【文教】

学問や教育によって人心を導くこと。教育。「文教の実を上げる」
文化・教育に関すること。主として行政機関で用いる。「文教予算」「文教政策」「文教施設」
[類語]助言教示訓示アドバイスコンサルティングカウンセリング指導導き教え手引き指南教授教育訓育教導補導ほどう善導誘掖ゆうえき鞭撻べんたつ手ほどき教習コーチ伝授する講義する講ずる仕込むたたき込む育てる導く仕付ける教鞭を執る薫育教化教学育英教えるガイダンス手を取る示教指教徳育知育体育矯正薫陶入れ知恵洗脳感化徳化醇化啓発啓蒙

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「文教」の解説

【文教】ぶんきよう(けう)

文事で教化する。〔申鑒政体を宣(の)べて以て其の(あき)らかにし、武備を立てて以て其のを秉(と)る。

字通「文」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android