文教(読み)ぶんきょう

精選版 日本国語大辞典 「文教」の意味・読み・例文・類語

ぶん‐きょう ‥ケウ【文教】

〘名〙
学問教育によって教化すること。教育。
続日本紀‐和銅五年(712)九月己丑「設官撫民、文教所崇」 〔書経禹貢
文部省、平成一三年(二〇〇一)以降は文部科学省による教育行政

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「文教」の意味・読み・例文・類語

ぶん‐きょう〔‐ケウ〕【文教】

学問や教育によって人心を導くこと。教育。「文教の実を上げる」
文化・教育に関すること。主として行政機関で用いる。「文教予算」「文教政策」「文教施設」
[類語]助言教示訓示アドバイスコンサルティングカウンセリング指導導き教え手引き指南教授教育訓育教導補導ほどう善導誘掖ゆうえき鞭撻べんたつ手ほどき教習コーチ伝授する講義する講ずる仕込むたたき込む育てる導く仕付ける教鞭を執る薫育教化教学育英教えるガイダンス手を取る示教指教徳育知育体育矯正薫陶入れ知恵洗脳感化徳化醇化啓発啓蒙

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「文教」の読み・字形・画数・意味

【文教】ぶんきよう(けう)

文事で教化する。〔申鑒政体を宣(の)べて以て其の(あき)らかにし、武備を立てて以て其の威を秉(と)る。

字通「文」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android