コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島重老 しま しげおい

美術人名辞典の解説

島重老

徳川末期の出雲の歌人。通称巴之助・弾正、号は櫛廼舎、初名棟重。家は代々出雲大社祠官。千家俊信の門で神典歌学を修める。和歌に堪能で、千家尊孫と共に二派に分れていた出雲歌壇を統一し、同地方歌道中興の祖と称された。明治3年(1870)歿、79才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島重老 しま-しげおい

1792-1871* 江戸時代後期の歌人。
寛政4年11月6日生まれ。代々出雲(いずも)大社の上官職で,千家俊信(せんげ-としざね)に神典,歌学をまなぶ。千家尊孫(たかひこ)とともに和歌の復古をとなえ,出雲地方の歌壇を興隆させた。明治3年11月20日死去。79歳。初名は棟重。通称は巴之助,弾正。号は櫛廼舎。家集に「櫛舎集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

島重老の関連キーワード千家之正島重道島重養島富重