コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千家俊信 せんげ としざね

美術人名辞典の解説

千家俊信

江戸後期の国学者。出雲国造俊秀の次男(一説に弟)。一家を分立して清主と称し、梅の舎と号する。西依成斎について儒学を修め、さらに本居宣長の門に学ぶ。帰国後一塾を設けて子弟の教育に従事し、山陰道の古学振興に功績があった。また詠歌槍術・医学・天文に精通していた。著書多数。天保2年(1831)歿、68才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千家俊信 せんげ-としざね

1764-1831 江戸時代後期の国学者。
宝暦14年1月16日生まれ。出雲(いずも)国造(くにのみやつこ)千家俊秀の弟。京坂に遊学内山真竜(またつ)のすすめにより,寛政4年から伊勢(いせ)松坂の本居宣長(もとおり-のりなが)のもとでまなぶ。帰郷後,出雲(島根県)地方に国学をひろめた。天保(てんぽう)2年5月7日死去。68歳。通称は清主(きよぬし)。号は梅廼舎。著作に「訂正出雲風土記伝」「出雲国式社考」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

千家俊信 (せんげとしざね)

生年月日:1764年1月16日
江戸時代後期の国学者
1831年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

千家俊信の関連キーワード岩政信比古天津孟雄千家之正中臣正蔭高橋清義生年月日富永芳久千家尊之千家尊澄細田富延岡熊臣島重老

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android