崔承老(読み)さいしょうろう(英語表記)Ch‘oe Sǔng‐no

世界大百科事典 第2版の解説

さいしょうろう【崔承老 Ch‘oe Sǔng‐no】

927‐989
朝鮮高麗政治家。慶州出身で,新羅滅亡後の938年,高麗の太祖見して元鳳省(後の芸文館)の学生となった。982年(成宗1),国王に上書したいわゆる〈時務28条〉は,太祖から景宗までの治績を論評しており,高麗初期の貴重な史料である。彼はその上書で,中央集権的統治体制の確立と儒教的政治理念の実現を主張しているが,これは,成宗代(982‐997)にほぼ実行に移されたとみてよい。彼自身,成宗代の政治において主導的な役割を果たした政治家であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android