コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崔承老 さいしょうろう Ch‘oe Sǔng‐no

1件 の用語解説(崔承老の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さいしょうろう【崔承老 Ch‘oe Sǔng‐no】

927‐989
朝鮮,高麗の政治家。慶州出身で,新羅滅亡後の938年,高麗の太祖に謁見して元鳳省(後の芸文館)の学生となった。982年(成宗1),国王に上書したいわゆる〈時務28条〉は,太祖から景宗までの治績を論評しており,高麗初期の貴重な史料である。彼はその上書で,中央集権的統治体制の確立と儒教的政治理念の実現を主張しているが,これは,成宗代(982‐997)にほぼ実行に移されたとみてよい。彼自身,成宗代の政治において主導的な役割を果たした政治家であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

崔承老の関連キーワード高麗高麗青磁三国史記高麗焼高麗錦狛鉾高麗鶯高麗人新鳥蘇金有成

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone