コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崔茂宣 さいもせん Ch‘oe Mu‐sŏn

1件 の用語解説(崔茂宣の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さいもせん【崔茂宣 Ch‘oe Mu‐sŏn】

?‐1395
朝鮮,高麗末の火薬発明者。永州の人。当時激化していた倭寇の撃退手段として火薬の有効性に着目し,中国人商人からその製法を学び,政府を動かして火都監を設置させ,その主任として火薬と火器の製造,火器搭載戦船の造営に当たった。1380年,錦江河口の鎮浦への倭寇襲来に際し,それらを用いて大打撃を与え,功により知門下府事に任ぜられた。子の崔海山も彼の火薬製法を伝えて,李朝に仕えた。【北村 秀人】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

崔茂宣の関連キーワード高麗下瀬雅允黄色火薬火薬庫高麗焼高麗人発明権四大発明共同発明者発明者

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone