嵐璃珏(2代)(読み)あらし りかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嵐璃珏(2代) あらし-りかく

1812-1864 江戸時代後期の歌舞伎役者。
文化9年生まれ。2代嵐吉三郎の門から2代嵐璃寛(初代嵐璃珏)の門にうつる。天保(てんぽう)2年2代璃珏を襲名。立役(たちやく)と女方をかね,怪談物と早変わりを得意とした。当たり役は「お染の七役(ななやく)」「皿屋敷」のお菊など。元治(げんじ)元年7月14日死去。53歳。大坂出身。初名嵐市太郎。前名は嵐芳三郎(2代)。俳名は璃玉,佳香。屋号は豊島屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android