コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皿屋敷 サラヤシキ

デジタル大辞泉プラスの解説

皿屋敷

古典落語の演目のひとつ。上方種。二代目桂三木助から六代目三遊亭圓生に受け継がれた。「お菊の皿」とも。オチは考えオチ。主な登場人物は、幽霊

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

さらやしき【皿屋敷】

伝説の一。主家の家宝の皿を割って成敗され、井戸に投げ込まれたお菊が幽霊となって夜な夜な現れ、悲しげに皿の数を数えるというもの。浄瑠璃「播州皿屋敷」、河竹黙阿弥の歌舞伎「新皿屋敷月雨暈つきのあまがさ」、岡本綺堂作「番町皿屋敷」などに脚色された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皿屋敷
さらやしき

下女が主家秘蔵の皿を割ったために井戸に投身し(もしくは惨殺され)、その亡霊が現れて皿の枚数を悲しげに数えるという巷間(こうかん)伝説。この話が人口にもっとも膾炙(かいしゃ)されたのは、1741年(寛保1)の豊竹(とよたけ)座初演の『播州(ばんしゅう)皿屋敷』で、原話は細川家の御家騒動に恋の意趣が絡んだものである。河竹黙阿弥(もくあみ)の『新皿屋敷月雨暈(しんさらやしきつきのあまがさ)』や岡本綺堂(きどう)の『番町皿屋敷』や講談・映画などで多くの人に知られている。しかし、この類型は古くから、多く地域社会に伝えられている。現在の高知県四万十(しまんと)市のそれは、お滝という下女が秘蔵の皿10枚のうち1枚を紛失し滝に投身、怨霊(おんりょう)として出て9枚目に泣き出すので、主人が10枚と答えると泣き止んだ、という。長崎県五島(ごとう)市では、皿を割って湯殿で打首になった女が怨霊として湯殿に出没した。いまの五島支庁の隣に皿屋敷が現存する。福岡県嘉麻(かま)市の豪家の下女お菊も同じ罪を着せられ井戸に投身、亡霊として出没した。このときの皿が同地の縄田家に蔵されている。[渡邊昭五]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

皿屋敷の関連キーワード市川 荒次郎(2代目)尾上 菊次郎(3代目)市川 寿美蔵(7代目)市川 松蔦(2代目)神奈川県平塚市紅谷町市川 寿海(3代目)桂春団治(3代目)桂春団治(3代)嵐璃珏(2代)新皿屋舗月雨暈ジャコウアゲハ芳村 伊十禄京山 華千代阿菊虫・螠虫数えずの井戸岡本 綺堂千草 香子中原三千代お菊と播磨魚屋宗五郎

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

皿屋敷の関連情報