コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皿屋敷 サラヤシキ

4件 の用語解説(皿屋敷の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さら‐やしき【皿屋敷】

江戸時代に流布した怪異巷説(こうせつ)。主家秘蔵の皿を割ったために自殺したり惨殺されたりした女中の亡霊が、皿の枚数を悲しげに数えるというもの。浄瑠璃播州皿屋敷」、歌舞伎狂言新皿屋舗月雨暈(しんさらやしきつきのあまがさ)」などに脚色された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

皿屋敷

古典落語の演目のひとつ。上方種。二代目桂三木助から六代目三遊亭圓生に受け継がれた。「お菊の皿」とも。オチは考えオチ。主な登場人物は、幽霊。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さらやしき【皿屋敷】

伝説の一。主家の家宝の皿を割って成敗され、井戸に投げ込まれたお菊が幽霊となって夜な夜な現れ、悲しげに皿の数を数えるというもの。浄瑠璃「播州皿屋敷」、河竹黙阿弥の歌舞伎「新皿屋敷月雨暈つきのあまがさ」、岡本綺堂作「番町皿屋敷」などに脚色された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皿屋敷
さらやしき

下女が主家秘蔵の皿を割ったために井戸に投身し(もしくは惨殺され)、その亡霊が現れて皿の枚数を悲しげに数えるという巷間(こうかん)伝説。この話が人口にもっとも膾炙(かいしゃ)されたのは、1741年(寛保1)の豊竹(とよたけ)座初演の『播州(ばんしゅう)皿屋敷』で、原話は細川家の御家騒動に恋の意趣が絡んだものである。河竹黙阿弥(もくあみ)の『新皿屋敷月雨暈(しんさらやしきつきのあまがさ)』や岡本綺堂(きどう)の『番町皿屋敷』や講談・映画などで多くの人に知られている。しかし、この類型は古くから、多く地域社会に伝えられている。現在の高知県四万十(しまんと)市のそれは、お滝という下女が秘蔵の皿10枚のうち1枚を紛失し滝に投身、怨霊(おんりょう)として出て9枚目に泣き出すので、主人が10枚と答えると泣き止んだ、という。長崎県五島(ごとう)市では、皿を割って湯殿で打首になった女が怨霊として湯殿に出没した。いまの五島支庁の隣に皿屋敷が現存する。福岡県嘉麻(かま)市の豪家の下女お菊も同じ罪を着せられ井戸に投身、亡霊として出没した。このときの皿が同地の縄田家に蔵されている。[渡邊昭五]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

皿屋敷の関連キーワード求婚伝説化粧坂おおすみ弥五郎伝説の里伝説のすた丼屋伝説のない星座伝説のマダム都市伝説の女羽衣伝説の記憶宮島・伝説の愛と死ラークライト/伝説の宇宙海賊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

皿屋敷の関連情報