コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川原十左衛門 かわはら じゅうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川原十左衛門 かわはら-じゅうざえもん

1727-1798 江戸時代中期-後期の陶工。
享保(きょうほう)12年1月12日生まれ。大隅(おおすみ)(鹿児島県)竜門司窯の山元碗右衛門,竪野(たての)窯の河野仙右衛門にまなぶ。寛政5年藩命で竪野窯星山仲兵衛とともに京都,尾張(おわり)など各地の窯を見学。翌年竜門司窯にもどり,鮫肌(さめはだ)焼を考案した。のち錦手(にしきで)をつくった。寛政10年11月17日死去。72歳。名は種甫。号は芳工。通称は別に弥八郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

川原十左衛門の関連キーワード川原弥五郎川原芳工

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android