コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川原十左衛門 かわはら じゅうざえもん

1件 の用語解説(川原十左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川原十左衛門 かわはら-じゅうざえもん

1727-1798 江戸時代中期-後期の陶工。
享保(きょうほう)12年1月12日生まれ。大隅(おおすみ)(鹿児島県)竜門司窯の山元碗右衛門,竪野(たての)窯の河野仙右衛門にまなぶ。寛政5年藩命で竪野窯の星山仲兵衛とともに京都,尾張(おわり)など各地の窯を見学。翌年竜門司窯にもどり,鮫肌(さめはだ)焼を考案した。のち錦手(にしきで)をつくった。寛政10年11月17日死去。72歳。名は種甫。号は芳工。通称は別に弥八郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

川原十左衛門の関連キーワードエカチェリーナジョージ布屋次兵衛エカテリーナジョージ光琳模様ヨーヨー目黒道琢オファイトアラブ文学

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone