コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星山仲兵衛 ほしやま ちゅうべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星山仲兵衛 ほしやま-ちゅうべえ

1765-1823 江戸時代後期の陶工。
明和2年生まれ。薩摩(さつま)(鹿児島県)竪野(たての)焼の陶工星山弥兵衛(やへえ)の子。寛政5年藩命で竜門司窯の川原十左衛門(芳工)とともに京都で上絵付けの技術をまなんでかえり,金襴手(きんらんで)をふくむ薩摩焼錦手(にしきで)の基礎をつくった。文政6年3月死去。59歳。名は八次郎。通称は別に金臣。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

星山仲兵衛の関連キーワード中野碩翁長瀬真幸ゲーテ(年譜)荘厳ミサ曲木村嘉平シーボルトロゼロ菅野序遊科学史白河藩

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone