コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星山仲兵衛 ほしやま ちゅうべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星山仲兵衛 ほしやま-ちゅうべえ

1765-1823 江戸時代後期の陶工。
明和2年生まれ。薩摩(さつま)(鹿児島県)竪野(たての)焼の陶工星山弥兵衛(やへえ)の子。寛政5年藩命で竜門司窯の川原十左衛門(芳工)とともに京都で上絵付けの技術をまなんでかえり,金襴手(きんらんで)をふくむ薩摩焼錦手(にしきで)の基礎をつくった。文政6年3月死去。59歳。名は八次郎。通称は別に金臣。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

星山仲兵衛の関連キーワードミツケーウィチウェーラー田阪灞山中野碩翁コッチ窯アダムズ(Samuel Adams)賀茂真淵(かもまぶち)鈴木春信ニコライ(Friedrich Nicolai)ブルース(James Bruce)

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android