コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川原崎助右衛門尉 かわらざき・すけえもんのじょう

1件 の用語解説(川原崎助右衛門尉の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

川原崎助右衛門尉

生年:生没年不詳
近江国(滋賀県)神崎郡伊庭の住人。元亀1(1570)年織田信長が近江制圧のため伊庭惣中に人質を強要した際,惣を代表して出た3人のうちのひとり。他のふたりの名前は伝わらない。最初に決められたひとりが大病したため,自ら身代わりとなると名乗り出た。惣中は彼らに対して諸役を永代免除することを決め,川原崎家に対する約束は大正年間まで続いた。この事蹟は,伊庭と山路の間の水争いとして村人に伝承された。すなわち,稲葉山開かれた評定で伊庭が敗北したが,助右衛門尉が割腹自害して訴願したので,裁決は伊庭に有利に下されたとされる。義民伝承としては最も古いものに属する。

(保坂智)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川原崎助右衛門尉の関連キーワード上河淇水近江滋賀県安宝高木〓(「蜀」に「犬」)鳳久村静弥本多嘉兵衛三津理山六角氏頼

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone