稲葉山(読み)いなばやま

精選版 日本国語大辞典の解説

いなば‐やま【稲葉山】

[一] 岐阜市の長良川南岸にある金華山の別名。戦国時代、斎藤道三稲葉山城を構え、のち織田信長が攻略し、岐阜城と改めた。標高三二九メートル。破鏡山。
※俳諧・如行子(1687)「凩のさむさかさねよ稲葉山〈落梧〉 よき家続く雪の見どころ〈芭蕉〉」
[二] 鳥取県鳥取市国府町にある山。標高二四九メートル。歌枕として知られる。→いなば(因幡)の山

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

稲葉山の関連情報