コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

評定 ヒョウジョウ

5件 の用語解説(評定の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐じょう〔ヒヤウヂヤウ〕【評定】

[名](スル)皆で相談して決めること。「小田原評定

ひょう‐てい〔ヒヤウ‐〕【評定】

[名](スル)一定の基準に従って価値・価格・等級などを決めること。「勤務成績を評定する」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうじょう【評定】

鎌倉幕府では,執権北条泰時の時代に,有力御家人と事務練達者とが幕政に参画すべきメンバーとして選任されて,評定衆と称された。以後,執権連署と15名前後の評定衆とで行う評定が,幕府の最高決裁機関となった。御家人の所領に関する訴訟は,専門の裁判機関である引付での審理を経たのち評定にかけられる定めであり,これを評定沙汰と称した。朝廷においても後嵯峨院政期に,若干名ずつの上流廷臣と実務家中流廷臣とから成る評定衆が置かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひょうじょう【評定】

( 名 ) スル
人々が集まって相談してきめること。 「小田原-」 「地下の年寄以下-し給ひけるは/仮名草子・伊曽保物語」

ひょうてい【評定】

( 名 ) スル
相談して定めること。ひょうじょう。
価値や品質を調べて、評価を定めること。 「地価を-する」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の評定の言及

【御前沙汰】より

…室町幕府において,将軍の臨席を得るか,将軍の裁可を得る手続きを伴って行われる評定(ひようじよう)。初期には見られず,15世紀初頭,足利義満の晩年ごろより見られる。…

※「評定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

評定の関連情報