コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川喜田煉七郎 かわきた れんしちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川喜田煉七郎 かわきた-れんしちろう

1902-1975 昭和時代の建築家。
明治35年2月26日生まれ。昭和5年ウクライナハリコフ劇場建築国際設計コンペに入選して注目される。7年建築工芸研究所(のち新建築工芸学院と改称)を東京銀座にひらき,バウハウス流の造形教育をおこなった。昭和50年6月18日死去。73歳。東京出身。東京高工(現東京工業大)卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の川喜田煉七郎の言及

【構成主義】より

…西欧の構成主義は,その後パリの〈抽象,創造〉グループを経て,第2次大戦後のコンクリート・アート,キネティック・アート,オップ・アートにつながっている。日本には村山知義が23年にドイツから帰国して構成主義を伝え,31年開設の〈建築工芸研究所〉(東京銀座)では川喜田煉七郎(1902‐75)らが構成主義の造形教育を始めたとされる。しかし,前者はダダの傾向が強く,後者ではカンディンスキーの造形教育が中心となっており,ロシアの構成主義とはやや異なるものであった。…

※「川喜田煉七郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

川喜田煉七郎の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門黒人問題[各個指定]芸能部門谷川俊太郎三東ルシア採石業深作欣二朝鮮映画ホワイト(Minor White)EA-71

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone