川島 彷徨子(読み)カワシマ ホウコウシ

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の俳人 「河原」主宰;元・不二精工社長。



生年
明治43(1910)年8月28日

没年
平成6(1994)年7月15日

出生地
神奈川県厚木市

本名
川島 (カワシマ ススム)

学歴〔年〕
早稲田大学文学部英文科中退

主な受賞名〔年〕
石楠賞〔昭和16年〕

経歴
昭和3年「石楠」入会臼田亜浪の直接指導を受け、18年最高幹部。「同人を経て、30年「河原」創刊主宰。現代俳句協会会員を経て、45年俳人協会会員となり、評議員、のち名誉会員。句集に「榛の木」「晩夏」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android