臼田亜浪(読み)うすだ あろう

百科事典マイペディアの解説

臼田亜浪【うすだあろう】

俳人。本名卯一郎。長野県生れ。法政大学卒。《日本》派の俳句に親しみ,高浜虚子の門に入る。1915年俳誌《石楠(しゃくなげ)》を創刊,虚子の《ホトトギス》派,河東碧梧桐の新傾向自由律派の双方に同調しない独自な立場をとった。清澄な自然観照の作品が多い。句集に《亜浪句鈔》《旅人》《白道》《定本亜浪句集》等。
→関連項目大野林火

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

臼田亜浪 うすだ-あろう

1879-1951 大正-昭和時代の俳人。
明治12年2月1日生まれ。「やまと新聞編集長をつとめ,高浜虚子のすすめで本格的に俳句をはじめる。大正4年「石楠(しゃくなげ)」を創刊。作句主眼を「まこと」におき,自然観照,一句一章をとなえた。昭和26年11月11日死去。72歳。長野県出身。法大卒。本名は卯一郎。句集に「亜浪句鈔」「旅人」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うすだあろう【臼田亜浪】

1879‐1951(明治12‐昭和26)
俳人。長野県生れ。本名卯一郎。法政大学卒。1896年上京後,《日本》派の俳句に親しんだが,1914年,腎臓を病み信州で静養中,高浜虚子の勧めで本格的に俳句を志した。翌年大須賀乙字の援助を得て俳誌《石楠(しやくなげ)》を創刊,俳句ひとすじに進み,25年《亜浪句鈔》を上梓した。俳句の理念を“まこと”に置き,芸術を超えた道として追求。内容面では,既成の季題観念にとらわれず生活感情と自然観照との一体化を図り,形式面では,固定的な構成にとらわれることなく17音の中での自在な音律の駆使によって俳句の機能を全うする一句一章論を主張した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うすだあろう【臼田亜浪】

1879~1951) 俳人。長野県生まれ。本名、卯一郎。「石楠」主宰。大須賀乙字の影響を受け俳壇の革新を推進、季語に代わる自然感、一句一章説を提唱した。句集に「亜浪句鈔」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臼田亜浪
うすだあろう

[生]1879.2.1. 長野,小諸
[没]1951.11.11. 東京
俳人。本名,卯一郎。 1904年法政大学卒業。高浜虚子の門から出て 14年石楠 (しゃくなげ) 社を創立。季語と 17音定型をふまえた純正な民族詩としての俳句を主張した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臼田亜浪
うすだあろう
(1879―1951)

俳人。長野県生まれ。本名卯一郎。旧号一兎(いっと)。法政大学卒業。1914年(大正3)高浜虚子(きょし)に会い、少年時代より始めて中絶していた俳句を再開。翌年、大須賀乙字(おつじ)の援助を得て『石楠(しゃくなげ)』を創刊、主宰。「まこと」を俳句の心とし「自然感」「一句一章」を説いた。作風は素朴で荘重。俳壇を大いに批判、警鐘的な役割を果たした。門下に大野林火(りんか)らがいる。句集に『亜浪句鈔(くしょう)』(1925)、『旅人』(1937)、『白道』(1946)など。[鷹羽狩行]
 郭公(かっこう)や何処(どこ)までゆかば人に逢(あ)はむ
『『臼田亜浪全句集』(1977・同書刊行会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うすだ‐あろう【臼田亜浪】

俳人。本名卯一郎。長野県出身。法政大学卒。大須賀乙字と俳誌「石楠(しゃくなげ)」を創刊、「ホトトギス」に対抗。句集に「亜浪句鈔」「旅人」など。明治一二~昭和二六年(一八七九‐一九五一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android