川島 芳子(読み)カワシマ ヨシコ

  • 川島 芳子 (かわしま よしこ)

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の満蒙独立活動家 日中戦争下で活躍した男装のスパイ。



生年
明治40(1907)年5月24日(光緒33年4月12日)

没年
昭和23(1948)年3月25日

出生地
北京

本名
愛新覚羅 顕〓

別名
中国名=金 璧輝,東 珍,前名=川島 芳麿

学歴〔年〕
松本高女卒

経歴
清朝王族・粛親王の第14王女として生まれるが、大正2年5歳の時満蒙独立運動の“国士川島浪速養女となる。9歳で来日。豊島師範附属小から跡見高女、さらに松本高女に移る。その後、断髪男装し、後の“男装の麗人”の芳子像を形づくる。10年蒙古のパンジャップ将軍の遺児カンジュルジャップと結婚するが、間もなく離婚。昭和2年上海に渡り、日本軍特務機関の田中隆吉少佐と知り合い、“X14号”として日本軍の情報活動に従事。7年満州国建国とともに満州に移り、天津にいた満州国皇帝溥儀の妃・秋鴻連れ出しなどに暗躍。さらに匪賊討伐の司令官となる。20年11月北京で国民党政府に捕えられ、23年3月25日漢奸として銃殺刑に処せられた。“東洋のマタ・ハリ”と呼ばれた。著書に「動乱に―私の半生記」がある。平成8年銃殺直前の自白書が公開された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1906年4月12日
大正時代;昭和時代の満豪独立活動家
1948年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川島 芳子の関連情報