コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動乱 ドウラン

デジタル大辞泉の解説

どう‐らん【動乱】

世の中が動揺し、乱れること。また、その乱れ。暴動などのさわぎ。「動乱が起こる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうらん【動乱】

( 名 ) スル
社会秩序が乱れ、騒ぎや争い事などが起きること。また引き起こされた騒ぎや争い。 「 -の時代」
心が激しく乱れること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動乱の関連キーワードプラトーノフ(Sergey Fyodorovich Platonov)マッカーサーの子供/人間の剣 昭和動乱編3狂った天誅/人間の剣 昭和動乱編1最後の特攻/人間の剣 昭和動乱編2永遠の剣/人間の剣 昭和動乱編4わたしが一番きれいだったときユニオン・ミニエール[会社]ヴィクター セベスチェンA.A. アリファS. プラトーノフペテーフィ・クラブクリスティナ ゴダA. シェパードチベット亡命政府A.A. バーク大乗院寺社雑事記ハマーショルド吉野朝太平記大暦の十才子流れるなら

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

動乱の関連情報