コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川島浪速 かわしま なにわ

3件 の用語解説(川島浪速の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

川島浪速

大陸浪人。松本藩士川島良顕の長男、川島芳子の養父。副島種臣榎本武揚らの興亜会に傾倒し、明治19年中国大陸へ渡り陸軍の通訳などを務める。清朝の粛親王と親交し、その第十四王女芳子の養父となる。昭和25年(1950)歿、85才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川島浪速 かわしま-なにわ

1866*-1949 明治-昭和時代前期の大陸浪人。
慶応元年12月7日生まれ。明治34年(1901)清(しん)(中国)で警務学堂を創設。清朝の粛親王とまじわり,清朝滅亡後,粛親王善耆(ぜんき)らと満蒙独立運動を画策したが挫折。粛親王の14女を養女とし,川島芳子と改名。しばしば満蒙政策について政府筋に提言した。昭和24年6月14日死去。85歳。信濃(しなの)(長野県)出身。東京外国語学校(現東京外大)中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川島浪速
かわしまなにわ

[生]慶応1(1866).12.7. 長野
[没]1949.6.14. 長野
大陸浪人。外国語学校支那語科を中退。日清戦争には陸軍通訳として従軍,戦争後は台湾官吏や陸軍士官学校支那語教官をしていた。同郷福島安正の手引で 1900年義和団事変に再び陸軍通訳として従軍,北京に入った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の川島浪速の言及

【川島芳子】より

…清朝の王族粛親王善耆(ぜんき)の第14王女として北京に生まれる。辛亥革命で清朝が倒れると,1913年(大正2)日本の大陸浪人川島浪速の養女となり,豊島師範附属小から跡見高女,次いで松本高女に学んだ。松本高女を退学後,断髪してしばしば男装するようになり,27年にモンゴル将軍パプチャップの次男カンジュルジャップと結婚したがまもなく離婚。…

【粛親王】より

…善耆は1898年(光緒24)父の死で襲爵し義和団事件後,要職を歴任,1907年民政部尚書となり,11年(宣統3)慶親王の皇族内閣では民政部ついで理藩院大臣となった。辛亥革命がおこると宗社党に加わって革命に反対し,12年と16年の2度にわたって日本軍部と結んだ大陸浪人川島浪速らの策謀に乗り満蒙独立運動を画策したが失敗した。東洋のマタ・ハリといわれた川島芳子(1907‐48)は善耆の娘。…

※「川島浪速」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

川島浪速の関連キーワード安宅弥吉梅鉢安太郎奥田千春北能喜市郎佐野昭杉山義雄鈴木島吉名倉謙蔵林曄松井茂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川島浪速の関連情報